マカロニ

2005年6月までの本と映画の感想。
いまははてなでかいてます→http://d.hatena.ne.jp/pndm



<< 本::ハードル/ハードル2 : main : 本::龍のすむ家<2> 氷の伝説 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク : - : : - : -
映画::呪怨
呪怨 劇場版 デラックス版「THE JUON/呪怨」劇場公開記念パッケージ
呪怨 劇場版 デラックス版「THE JUON/呪怨」劇場公開記念パッケージ

今回は、はてなコピーでーーす。
下にjugem用にも感想を追加してますけどね、少し。
何だか暴走してますが引かないでください。ショタですいません。

全部観られるかしら、と思いながらも意気込んで観始めたはずなんですけ、ど!!怖いどころか何かずっと笑ってましたよ。だってギャグっぽい箇所が沢山あるんだもん。エレベーターとかお布団からこんにちは、とか。しかもジョビジョバの石倉君は意味なく死んじゃうし。死なせるなら多少エピソードを作ってあげてくださいよ監督…!!

それにしてもこれ、俊雄くんが可愛くて可愛くてしょうがなかったんですけど!!観ていて絶対ショタのための映画に違いないと思いました。しかも俊雄くんてば白ブリーフとかで出てきてくれちゃうし。どれだけサービスショットかましてくれてるんだ、って話ですよ。何だかすっかりファンになってしまいました。あーハリウッド版も観たいなー。いや、ハリウッド版より先にビデオ版観たいかも。栗山千明が主役だし。

追加:伽椰子さんが這いずるように階段から降りてくるシーンや「あ゛ーーー」って声は幼い頃清水監督の兄がふざけてやってたことを元にしたらしいですよ。あ、だからギャグなんだ。

jugem用に感想追加
うーん、何が怖いのか全然わからなかったですねぇ。まぁひたすら人が呪われて死んでいくだけで結局何で呪われるのか、とかそういう謎が一切解き明かされない話だったし、何より友人と変に盛り上がりながら(ショタ祭り…!!)観てしまったからね。しかも俊雄くんを見ると雨上がりの宮迫がブリーフ1枚でパロディやってたのを思い出してしまったので余計に。
まぁ1人で観てたらもう少し怖がれたかもしれないですけど。ああ、雰囲気って大事。
さっき「何で呪われるのかという謎が解き明かされない」とかきましたけど、どうやらノベライズ(もしくはビデオ版の「呪怨」)でわかるみたいなので機会があったらそっちを読んでみようと思います、はい。
かすもり : 映画(〜2005年6月) : 14:18 : comments(0) : trackbacks(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク : - : 14:18 : - : -










▲top