マカロニ

2005年6月までの本と映画の感想。
いまははてなでかいてます→http://d.hatena.ne.jp/pndm



<< [本]NO.6/あさのあつこ : main : [本]西の魔女が死んだ/梨木香歩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク : - : : - : -
[映画]クローサー
closer / クローサー
closer / クローサー

一言で簡単に言ってしまえば男女4人がくっついたり離れたりする映画です。まぁ、結構深い話なんじゃないですか?(曖昧)
私は最初、「ほわーんとした恋愛映画なんだろう」というとんでもない勘違いのもとにこの映画を観てしまったので、予想以上にばんばん飛び交う過激な台詞と展開の移り変わりの激しさとジュード・ロウのおバカっぷりに圧倒されてしまって、観た後は「な、なんだこれ…!」と微妙な感想しか抱かなかったんですけど、よくよく考えてみると結構深くて面白い映画だったかもしれないです。
この映画はある程度予習をしておいてから観た方が面白く観られるんじゃないかなーという気がしました。展開の移り変わりの激しさ、というか一瞬にして数ヵ月後とかに飛んだりするのは舞台が元になっているから、ということを知っておけばそこまで戸惑うことなく観られると思います。まぁ多少びっくりするけど。あと何も考えずに観ると過激な台詞に意識がいってしまいがちになるので(って私だけですかそうですか)そこに惑わされずに観た方がいいかも。私は単に表面上の過激な台詞に意識がいってしまったので「なんだこいつら、ありえねー!」と思ってしまったんですけど、もっと深いところに重点を置いて観れば、実はかなりリアルな(人間が描けてる)作品なんじゃないかなーと思いました。うーん、もう1回ちゃんと観たいなぁ。今みたら前より全然面白く観られる気がする。本当に面白いと思えるにはまだ早い気もするけど。
何か今思ったんですけど、この映画って重松清の世界に似てますよね。痛くて無様で容赦がなくて、だからこそリアルな感じが。特にジュード・ロウのあのかっこ悪さは重松作品の主人公にすごく通じるものがあると思うよ。あとストリップバーのシーンみてたら「幼な子われらに生まれ」のアンジー(風俗嬢)が出てきました。た、単純。
かすもり : 映画(〜2005年6月) : 00:45 : comments(0) : trackbacks(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク : - : 00:45 : - : -










▲top