マカロニ

2005年6月までの本と映画の感想。
いまははてなでかいてます→http://d.hatena.ne.jp/pndm



<< [本]秘密。―私と私のあいだの十二話 : main : [本]名古屋嬢ライフ/世木みやび >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク : - : : - : -
[本]恋愛力/斎藤孝
恋愛力―「モテる人」はここがちがう
恋愛力―「モテる人」はここがちがう

はてなコピーで逃げようと思ったのですが書きたいことも見つかったので追加。

【はてなコピー】
何故かここ最近齋藤孝を読みまくっているのですが、今まで読んだ齋藤孝の著書のなかでは1番軽くて読みやすくて面白かったです。ためになるというよりは読み物として楽しめた感じ。本の話(村上春樹とか電車男とか)がたくさん出てきたので私としてはうはうはでした。

この著書はモテる男について書いているので、男の人が読んだ方が、モテる男に対するモテない男(まぁ齋藤さんのことですけども)(ごめん齋藤さん!)の見事なツッコミ分析に共感できたりモテる男はこういうものなのかと何やら発見できたりして楽しいかもしれません。なのでこれはぜひぜひ男の人に読んでいただきたいです。ってこれを自発的に読む男の人がいるかどうかが微妙なところだけど。いるのかしらねー、いないんだろうなー勿体無い。もしちょっとでも気になった、って人いたら立ち読みくらいするといいと思うよ!あ、女の人が読んでも全然楽しいと思います!

【jugem用に追加】
ある時Amazonのレビューの中で「斎藤孝は第二の中谷彰宏」とか言われていたのを見てしまって以来そうにしかみえなくなってしまっているのですけども、中谷彰宏と違って「俺はモテないけど、この人達はモテるよ!まぁ俺はモテないんだけど!」とモテないオーラを出している(もしくはオーラが溢れ出てしまっている)ところがほほえましくて私は好きです。あと冬ソナを褒めてはいるけど実はかなり嫌っていそうなところも彼のモテなさを強調してる感じでお気に入り。「うわ、この人冬ソナきらってんなぁ〜」て感じが文章の端々にみられて読んでてニマニマしてしまいます。ユジンなんて怪物呼ばわりされてたしね。齋藤さん最高。
かすもり : 本(〜2005年6月) : 01:03 : comments(0) : trackbacks(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク : - : 01:03 : - : -










▲top