マカロニ

2005年6月までの本と映画の感想。
いまははてなでかいてます→http://d.hatena.ne.jp/pndm



<< 本::爆笑問題のススメ : main : 映画::死ぬまでにしたい10のこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク : - : : - : -
映画::ドッペルゲンガー
ほんとは昨日観た映画なんだけどね。
予告観た時から目をつけてたんで す よ!!
監督は黒沢清です。それでは感想をさらっと。

結構面白かったです(´∀`)あのブラックさ加減が私の好きなタイプかも。
ブラックさが何だか「アバウト・シュミット」に似てたような気がしました。
あと主人公は「ふたりの男とひとりの女」にも似てたかも。2本とも内容は全然違うけど、似てるの。

最後、訳わかんないまま終わったけど、結局「想像して下さい」ってことなんだろうな。
でもあれ、誰がドッペルゲンガーで誰が本物だったんだろうとか考えていくとキリないけど(笑)
だって皆前半と後半じゃ微妙に性格違ってるから…(((゜Д゜)))

ところでこの映画、キャスト最高なんですけど。
てかビデオ借りたのは役所広司とユースケとPE'Zの為だし(全部好き)
役所さんてば、1人2役の演技上手すぎ。ほんと惚れる。
で、ユースケかっこよすぎるし!!!!!!
この頃が1番いい時期だったんじゃないかなぁ。死相も出てないし(おい)
ユースケの為だけにビデオ見てもいい位カッコいいもん。てかほんと演技上手いよ、うん。
それにしても、今回のユースケの役どころはジョビジョバのハセが演じそうな役だったなぁ…(何)

ちなみにこれホラーっぽいけどコメディです。
最初はちょっと恐いかもだけど。ブラックなのが好きな人には特にオススメ。


あー、この頃に戻ってくれないかなぁ…ユースケ(ノД`)
今は役づくりならいいけどちょっと痩せすぎだし、調子悪いみたいで困るよ…。


かすもり : 映画(〜2005年6月) : 14:24 : comments(0) : trackbacks(1)
スポンサーサイト
スポンサードリンク : - : 14:24 : - : -









僕が見た映画その21
     ドッペルゲンガー  監督:黒澤清  脚本:黒澤清・古澤健  撮影:水口智之  照明:富見山明長  美術:新田隆之  録音:郡弘道  編集:大永昌弘出演:役所広司   永作博美   ユースケ・サンタマリア   ダンカン   戸
黒子童話集 : 2004/12/20 12:40 AM

▲top