マカロニ

2005年6月までの本と映画の感想。
いまははてなでかいてます→http://d.hatena.ne.jp/pndm



<< 本&映画::69 : main : 本::プチ哲学 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク : - : : - : -
本::言いまつがい
言いまつがい
言いまつがい
糸井 重里

いいともで糸井さんが宣伝してて面白そうと思ってたんだけど、
中身見てみたら予想以上に面白くて装丁もこってて思わず買ってしまった本。
実はもう1冊(オトナ語の謎)も欲しい。けど高い。

てか、これはほんとに笑えます。
授業中とか静かなところで読むとマジでやばいです。
笑いたいのに笑えません。スリルと面白さがアップします。
頑張って笑いをこらえてるとお腹が痛くなるくらいに笑えます。
凹んでるときとかに読むとテンション上がるかもしれません。
勿論いたって普通の時や明るい時によんでも十分面白いです。
自分もやったことある言いまつがいだと更におかしいです。
でも買ってから気付いたんだけど、ほぼ日で見られるのよね、言いまつがい(→ここ)
くそー、買う前からわかってたら携帯で見るだけで済ませたかもしれないのに…(おい)

ていうか私も応募しちゃおうかしら。似たようなこと結構あるのよね。
と言う訳で私が出会ったまつがいでも書いておこう。大したのじゃないけど。
まずは地理の授業で先生がやった書きまつがい。下ネタですんません。

その事件が起きたのは金曜日の2時間目。
ちょうど中国の地名の勉強をしてたんですが。
地名の中に、テンチン(天津)ってのがあったんですね。
可愛らしい女の先生は、そこで見事にある書きまつがいをいたしました。
…はい、これで分かった人もいると思いますがそのまま進んでください(´∀`)

皆が間違いに気付き始め、ざわめいているのですが堂々と指摘はしません(女子校だしな)
私も笑えて仕方なかったですが指摘はしません。しかし、1人の乙女が勇気を出して言いました。

「あのー、先生…テンチンのテが『チ』になってるんですけど

しばし沈黙の後、先生は「あ、朝からごめんね〜…」と言って地名を書き直したのでした★

これほんとの話ね。しかし、そんなまつがいをするなんてねぇ…先生最高だわ(笑)
あと私は小さい頃ポッキー食べながら色鉛筆で色塗ってて、
まつがえて鉛筆食べそうになったことあります。ぎりぎり食べなかったけど。
かすもり : 本(〜2005年6月) : 11:56 : comments(0) : trackbacks(1)
スポンサーサイト
スポンサードリンク : - : 11:56 : - : -









オトナ語の謎
オトナ語の謎。(オトナごのなぞ)は、ほぼ日刊イトイ新聞上にて連載されていたコンテンツの一つ、およびそれを基にした書籍のタイトルです。
わたしのブログ : 2007/04/27 12:59 PM

▲top