マカロニ

2005年6月までの本と映画の感想。
いまははてなでかいてます→http://d.hatena.ne.jp/pndm



<< 本::言いまつがい : main : 映画::ファインディング・ニモ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク : - : : - : -
本::プチ哲学
プチ哲学
プチ哲学
佐藤 雅彦

装丁買いしました。
あと著者近影買いもしました。佐藤さん、タイプです(何)
それは置いといて内容もよかったです。
可愛いイラストだけじゃなく、なかなか考えさせられたり勉強になったり。
カラーなのに安いし(といっても文庫としては高い)オススメです。
それに解説つきの漫画って感じで読みやすいし。頭の体操にもなっていいかも。

はい、短くてすいません(´Д`)
こういう本ってなかなか感想書けないですね。
頑張ってもっとわかりやすくたくさん書けるようにしたいわ。
でもオススメですよほんと。可愛いくせに勉強になるし。佐藤さん素敵だし(関係ない)
てか佐藤さんってI.Q(知能指数じゃなくてゲームの方ね)作った人だったのね。
あれは迫り来るキューブたちと音楽と雰囲気こわかったけど何故かはまってた記憶が。
こわいのにはまっちゃうゲーム作れるなんて佐藤さんすごいよ。他の作品も読もう。

話は変わって、今日1日のことを適当に。
やはり文章がまとまってなくて申し訳ない。
結局「東京湾景」見ずにまたラルクのプロモ見てました。やっぱラルクかっこいいわ。
「侵食」見て思ったんだけど、あのプロモのhydeってにちょけんの小堀に似てない??
それに気付いた時、小堀が自分のことをかっこいーと思ってるって話が分かった気がした。
ごめんねhyde。でもあれはまじで似てるよ。「花葬」の彼は全然似てないのに、何故かしら。

それから、自分は絶対に恋愛ができない女だと悟りました。
てか他人を見て幸せにはなれるけど、自分にはできないなと思ったんですよ。
多分恋愛できたとしても、対象は2次元…ってあぶねーな自分。やはり変態なのかしら。
何かジェネジャンに出てた2次元にしか萌えられないロリコン東大院生みたいだわ。
あーー、ロリコンの回を再放送してほしいわ。あの東大院生くんがもう1回見たい。
だってあの人普通に顔もよかったし、頭良さそうだったし、言ってることも納得できたし。
なのにロリコンとか素敵すぎ。しかも2次元限定とかいってもう最高。
もし現実で付き合うならそういう人が理想だ。絶対いないけどね。だから無理。

でも、できないとか言ってる人に限ってちゃっかり恋愛しちゃったりするのよね。
(と、ひとこと付け加えておかないと困ることもあるかもしれないのでフォロー)
かすもり : 本(〜2005年6月) : 21:58 : comments(0) : trackbacks(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク : - : 21:58 : - : -










▲top